わさびツーリング

2017/12/23(土曜日)、今年最後のツーリングとなる。当然年末の時期なので参加者は少数となるが、久しぶりに走れるので問題ない。特に行き先を決めていなかったがメンバーから伊豆のわさび丼に行きたい事や飲み会や仕事で遅くなるのでスタート時間を遅めでとの要望があったので、いつもの海老名SA駐車場に10時30分待ち合わせとする。
冬場は空気が乾燥するので景色がよく見える。富士山もくっきり。待ち合わせを遅くしたのはいいが、目的のわさび丼のお店が14時に閉まるので、急いで向かう事に。場所が南伊豆にあるので意外と距離があるのが、わかっていたから。
13時30分に無事到着し、間に合う事に。店内はシンプルな感じで結構お客さんが入ってくる感じ。
全員、わさび丼とざるそばのセットを注文。このわさびを擦ってご飯の上にのせる。ざるそばのつゆに入れてもOK。ご飯の上にのせ軽く醤油をかけて食べる。メンバーの一人が先に食べるがむせる事ないがカラい言う。昔、高級懐石に行った際に擦ったわさびがカラ味がなく、かなり旨かったのが印象的だったので、それと同じと思いメンバーが辛いと言うのはまだ若いなと思い、一口食べる。

息が出来ない・・辛いじゃなく痛い・・
めちゃくちゃキツイやないかい。鼻が爆発するかと思ったわ。
こんなわさび食った事ない。何度もチャレンジするも痛い。
ご飯で緩和するも限界があり、せっかく擦った2本のうち1本は食べれなかった。

メンバーの一人がご飯を混ぜて食べると、辛くないと言い、一口食べると辛さはなく、わさびの味だけ残る。他のお客さんに店の方が説明するのを聞くと、ご飯を混ぜて食べると美味しいとの事。なるほど、全然人の話聞いてなかっただけか。。
目的の食事を終えて、どこに行くか検索すると、このお店の周辺が「河津七滝めぐり」で有名らしい。案内図を見ると各滝まですぐなので、せっかくの機会だったので全部まわる事に。

①大滝
②出合滝
③カニ滝
④初景滝
⑤蛇滝
⑥エビ滝
⑦釜滝
全部をまわりスタート地点のお店に戻る。
総評としては、やめとけば良かった。バイク用で完全防寒しているので歩くと暑い。また急勾配な階段も多数あり、汗だくで真冬に歩いてるから、カニだのエビだの、どうでもいい。一番高さの低い滝が2mしかなかったのも、よくわからん。店の前にあったから行ったが、疲れた。
疲れたのでわさび丼のお店の横にある「七滝茶屋」で休憩。汗だくで暑い中、店に入ると暖房が効いてるので更に暑い。メンバー全員がこのデザートを食べると言うので合わせて注文する。甘いもの苦手だがこれでクールダウンをするも、今度は寒くなってきた。いい時間になって来たのでどうするか確認すると以前行った温泉に立ち寄り、帰る事となった。
温泉後に海沿いを走り、湘南近くでファミレスに入り夕食を終えて、横浜まで帰路に向かい解散する。今回のツーリングは辛い→しんどい→暑い→甘い→寒い→暖かい(温泉)→寒い→甘辛い(夕食のダッカルビ定食※メンバー全員)と味覚と感覚がバカになった一日だった。救いは時間がズレた分、渋滞がなくスムーズに走れた事。しかし南伊豆はやっぱり距離あるなと再度理解した。

走行距離:420km

By
223 views

管理人:yona

横浜市神奈川区 在住
はじめまして、当クラブの運営管理をしていますyonaと申します。色々なバイクを乗り継ぎ、バイク歴15年以上です。約14年前に地元大阪から仕事の都合で転居し、現在に至る。気軽で楽しいバイクライフをコンセプトに当クラブを立ち上げる事になりました。皆さんの入会をお待ちしています。