Vストローム250 スリップオンマフラー ヨシムラR77S

2018年2月納品と聞いていたが、12/20着で自宅の届く。時間がなかったので取り付けてなかったが、注文していたガスケットが入手出来たので、交換する。またVストローム250の参考ページがあまりないので、今回は交換内容の情報と比較動画を作成しUPする事にした。
まずはこの状態での梱包で届く。
これが内容物でシンプルな構成。毎回思うがこのメーカーはガスケットが付属していない。基本バイクに着いてるものを再利用となっているが、なかなか取れなかったり、取り外しの際にボロボロになる事が多い。いい加減ガスケットぐらい付属してくれ。海外メーカーですら付属するのにな。
その為、まだ外品ではないので純正パーツのガスケットを手配する。WEBでなければナップス等で取り寄せ可能。※写真が型番です。(2017年モデル)
交換前のノーマルマフラー
交換後のヨシムラ スリップオンマフラー R-77S サイクロン カーボンエンド EXPORT SPEC

ここでひとつ言いたい事は、取付は簡単でマフラーだけなら5分もかからない。このバイクはセンタースタンドの干渉をさける為、センタースタンドストッパーが付属され、この部品も合わせて交換しても10分もかからない。

しかし、このセンタースタンドストッパーには既存に着いているストッパーのゴムを再利用しなければならないのだが、このゴムが外すのは簡単だが、付けるのが、何をやっても着かない。はめ込む溝があるが、入らない。このクソ仕様のおかげで1時間以上かかった。結局ゴムの突起をカットし、フラットになるようカッターで削り、両面テープで接着。センタースタンドが上がっている際はこのゴムを下から押さえている状況になるので、これで問題ないと思う。最悪はこのゴムをビニールテープ等でグルグル巻きにしてもいいと思う。

ボルトやナットを再利用はいいが、マフラー自体専用設計にしているので、ゴムのブロックぐらい付属した状態でステイを作ってくれ。またガスケットぐらい付属してくれ。メーカーにこれぐらいの気配りがあればいいのだが。さすがに今回のゴムでうんざりした。

話は変わり、せっかくなので比較動画を撮影および作成したのでVストローム250ユーザーは参考にしてみて下さい。


交換後に軽く走らせたが、抜けが良くなって満足している。あのゴムの件さえなければな。