キャンプツーリング(オレンジ村編)

2018/8/11(土曜日)キャンプツーリングを実施。今回は台風の影響で予定していたエリアの各所で雷雨を伴う雨が降っている。中止にしようか迷ったが、前日の夕方に再度天候確認すると天気予報が大きく変動していた。そこで土日に雨を回避出来るエリアとキャンプ場を探し、なんとか見つかった。と言うことで今回は千葉の南房総にある「オレンジ村キャンプ場」に予約をしたので行く事にした。
待ち合わせを久里浜フェリー乗り場に設定し、出発。いきなりフェリーでメンバーの一人のバイクが乗務員のミスでナックルガードに傷が、、。もちろん弁償対応になった。
千葉に渡ってスグに移動し、キャンプ場へ。今回のテーマは「雨雲から絶対に逃げる」
急遽前日予約したせいか、臨時駐車場感がいっぱいのエリア。みんなは通常のテントだが、涼しさ重視でタープ+インナーテント仕様にしてみた。しかし夜間の異常な湿気で全く寝れなかった。
またこの時期、本当は林間エリアで過ごしたかったが、ほとんど雨予報だったので今回の平地になった。設営時の灼熱地獄におちいり全員木陰で体力回復。
その後、買い出し前に昼食にファミレスに行く。ファミレスに行く目的はまず涼んで体力回復と水分補給のドリンクバーを目的にする。
近くのイオンに食材の買い出し。近くが海水浴やキャンプが多いのでバーベキューセットのような食材が多く売っているから便利。
戻ってからキャンプ場を探索およびシャワーを順番に浴びる事に。
温水シャワーが無料で2基ある。左側は温水が安定しているらしいが、右は温水と真水が設定に関係なくバラつく。
もうひとつ無料なのが「薪」。案内所で確認し指定場所に行って薪を取ろうとしたが予想していたのと違う。7m以上あるので結果その場で割ってから持ち帰る感じに。無料だから仕方ない。
メンバーのひとりがスクリーンタープを持ってきたので虫に邪魔されずに快適に宴会が出来た。モンベルおじさん、ありがとう。
メンバーのひとりが予定があり一旦自宅に戻り荷物を置いて横浜10:00に行くとの事で先に6:00ぐらいに出ると聞いていたが、あまりの蒸し暑さに5時ごろにはみんな自動的に起きてた。朝一に雨雲レーダーを見ると8時ぐらいには、このエリアも豪雨予想になっていたので、速攻撤退するように片づける事に。
メンバーのひとり、キャンプリーダーの積載量。サイドパニアにキャンピングバッグ、防水バッグ+α。多分200Lぐらいの容量積載と思う。
かたや、もう一人のメンバーの積載量。これだけ。どっかの宿に宿泊するんかと思う量で多分30Lぐらいの積載量。あいかわらずのエコスタイル。ちなみに参加したメンバーのアフリカツインのサイドパニアケースの片方で容量40Lある。
このメンバーの好きな所はバイクの外観一切気にしない所。サイドバッグが車体にあたる際に傷が付くのを防止する為、ガムテープ処理。
さらにETCアンテナも同じくガムテープ処理。さすがやな。
その後、フェリーでの帰宅組とアクアラインで帰宅組と別れ現地解散。結果全員、雨を回避して無事帰宅。今回のテーマ「雨雲から絶対に逃げる」のノルマクリアー。

P.S.さすがに今回は高レベルの修行してる感じになった。快適キャンプを実施したい。

走行距離:252km

By
178 views

管理人:yona

横浜市神奈川区 在住
はじめまして、当クラブの運営管理をしていますyonaと申します。色々なバイクを乗り継ぎ、バイク歴15年以上です。約14年前に地元大阪から仕事の都合で転居し、現在に至る。気軽で楽しいバイクライフをコンセプトに当クラブを立ち上げる事になりました。皆さんの入会をお待ちしています。