キャンプツーリング(本栖湖キャンプ場編)

2018/9/16(土曜日)-17(月曜日)の3連休の後半でキャンプツーリングを実施。前日が雨だったので微妙だったが、現地がくもりのち晴れの予報だったので、行く事に。
今回は参加人数が多かったので予約なしのキャンプ場として「本栖湖キャンプ場」へ行く事にした。メンバーの一人が連休の為、サイトがいっぱいになる可能性が高いと判断し、先行して現地入り。残りのメンバーのうち予定通りの参加メンバーは東名高速海老名SA駐車場にて待ち合わせ、合流後に出発。また別のメンバーは仕事や私用を済ませてから現地合流する事になった。
現地に向かう際の高速移動中に少し雨が降りかけたから不安になったが、現地に近づくと晴天に。初めて来たキャンプ場だが広すぎなのと連休なのか人が多い。テント設営するも平坦な場所があまりなく、バイクも止める際に地面がめり込むので停車するのも大変。
テントの設営も無事終了したので近くの店で昼食を取る事に。
この店の人気メニューらしい「鹿肉カレー」
昼食後、移動してスーパーで食材を購入してキャンプ地に戻った際には、残りメンバーも合流。ちょうど夕方近くになったので火おこしをして宴会準備してスタートする。
スーパーの食材以外にもメンバー持ち込みの「コーヒー焼酎」や「シャンパン」、自分が持参したお取り寄せシリーズは今回北海道の「スープカレー」で堪能。気候もちょうど良かったので楽しい宴会が続く。メンバーの一人が燻製キッドの道具を持って来て、食材もそれ用に購入したが、誰も燻製の仕方がわからなかったので次回に持ち越しに。
夜も気温が最適だったのでよく寝れた。前回のオレンジ村の湿気地獄と正反対。しかも今回は贅沢な朝食を作る事に。
ホットサンドと珈琲が今回の朝食セット。こういう場所で食べるからなのかホットサンドがめちゃくちゃ旨い。
メンバーの一人が温泉に入って帰りたいと要望があったのでテントを撤収して10時には移動開始。
キャンプ地から検索して、少し北上した場所に絶景温泉の「みたまの湯」があったので向かう事に。まずここに行く際にキャンプ地から20分程度で行けるはずが、交通事故により通行止めが発生。強制Uターンと同時に大回りする事になったので温泉到着までかなり時間がかかった。
温泉を出て帰路に向かう際にルート検索するが、昼の時点で中央道が20km以上の渋滞。下道でも同じ時間がかかるので、のんびり下道で渋滞なしルートを設定して出発。ここからはじまる地獄が待っているとは知らずに。。

温泉地が山梨甲府に近いのでここから河口湖→山中湖→道志道の順で移動を開始。山中湖付近から雲行きが怪しく、少し雨がパラついて道志みちの道の駅で休憩。このタイミングで急激な激しい大雨に。雨雲レーダーを確認すると雨が止む感じだが、全く止む気配がない。30分以上、雨宿りしたが意味がないので雨具装着して出発する。渋滞した道志みちを抜け圏央道に入って、厚木SAで休憩と同時に解散。この時点でさらに激しい大雨に。

同じ方向のメンバーの一人と出発。
ヘルメットのシールドがミラータイプなので見えにくい。
タイヤ変えたばかりで滑る恐怖。
メンバーのヘッドライトが雨の影響で接触不良し、ほぼハイビームでオレを照らし、さらに視界不良度UP。
渋滞で進まない道路。
夜空を光る雷雨。
レインコートを貫通する雨量。
帰りたくても帰れないストレス。

色々あってようやく自宅に着いたのは21:30。片づける気力はなく、バイクをそのままにして就寝。久しぶりにこんなしんどい思いしたわ。マジで疲れた。。

P.S.ナビ専用で使用していたiPhone 6がレインコートを貫通する雨量で逝った。新型iPhone の発表後に。。

走行距離:380km

By
156 views

管理人:yona

横浜市神奈川区 在住
はじめまして、当クラブの運営管理をしていますyonaと申します。色々なバイクを乗り継ぎ、バイク歴15年以上です。約14年前に地元大阪から仕事の都合で転居し、現在に至る。気軽で楽しいバイクライフをコンセプトに当クラブを立ち上げる事になりました。皆さんの入会をお待ちしています。