冬キャンプツーリング(大原上布施オートキャンプ場編)

やって来ました冬キャンプツーリング第二弾。今回はメンバー企画でのキャンプツーリングを実施。天候等もあり、大原上布施オートキャンプ場(千葉)に決定。近いので10時にアクアライン海ほたるにて待ち合わせ。
前回の極寒キャンプツーリングの事例があったので、今回は車2台、バイク4台で現地に入る(バイク1台は仕事の都合で後合流)。車1台は前回同様、快適アイテムおよびエスケープ退避用。もう1台の車には大型ワンポールテントに薪ストーブ完備。マイナス環境でもかかって来いや。。全然ビビってるわけじゃないんやで、杉浦くん。
到着。なんてのどかで暖かい気温。前回の超絶極寒強風キャンプツーリングはなんやったんや。最高や、最高やで。受付するが、やはり今の時期客が少ないのでフリーサイトの広いエリアを貸してもらった。
前回の超絶極寒強風キャンプツーリングのおかげで新品スクリーンタープを設置する事も出来ず、風でぶっ飛ばされたが、今回は余裕で1人設営。楽勝。ただ微妙に張りがズレるので確認すると前回の強風でやはりポールが微妙に曲がってる。修理に出すしかないが今回はこれで行こう。設営出来ただけOK。
そしてもう1台の車から本気の薪ストーブが。テントから煙突出てる。これでマイナス気温でもかかって来いやって言いたい所だが、今日はめちゃくちゃ暖かい。ちなみにこの車2台で来た2名は前回の超絶極寒強風キャンプツーリング経験者なので、過剰に防寒した結果がこれ。やり過ぎたな。また薪ストーブ持参と聞いていたので、もっとお洒落な小型タイプかと思ったが、なんか炭鉱現場の作業員の休憩所にありそうなやつでイメージと違った。
全員設営が完了したので昼食およびスーパー買い出しの為、移動。
キャンプ場から一番近い食事処で営業していた蕎麦屋さんへ。この炊き込みご飯がまた旨かった。
買い出しが終わり、キャンプ場へ戻って来た時の残りのメンバーも現地合流で、全員揃う。
準備がそろって宴スタート。今回は寄せ鍋3回転と題し「塩/鶏肉」「醤油/鶏肉」「赤から/豚肉(辛)」最後に雑炊でしめる。スクリーンタープを閉めて鍋をしたせいか暑くて上着脱いだ。
メンバーの一人が「燻製マスター」でよく自宅でも燻製するらしい。今回自作の器具を持参し、簡易燻製を振る舞ってくれる。この燻製チーズ、めちゃくちゃ旨かった。会話も弾み、ある程度楽しんだあと早めの就寝。
朝起きて、焚き火で暖を取り、朝食にホットサンドとコーヒーでまったりタイム。その後、片付けをして近くの温泉へ。
勝浦つるんつるん温泉に到着。客が多くて風呂に入れないので先に昼食を中で取る事に。勝浦なので、勝浦タンタン麺を食べ、ゆっくりしたあとに温泉へ。
その後、お昼にこの温泉にて解散する事に。やっぱこれ、この感じがキャンプやで。前回の超絶極寒強風キャンプツーリングでキャンプ嫌いになるところやったで福地くん。
気温測定では最低気温が3.8℃、平均気温が6.8℃。前回マイナス温度での環境だったので、楽勝。全く寒くなかった。

P.S.ただ12月-1月はキャンプやめとこうな。ただの極寒修行やから、もうイヤ。

走行距離:180km

By
202 views

管理人:yona

横浜市神奈川区 在住
はじめまして、当クラブの運営管理をしていますyonaと申します。色々なバイクを乗り継ぎ、バイク歴15年以上です。約14年前に地元大阪から仕事の都合で転居し、現在に至る。気軽で楽しいバイクライフをコンセプトに当クラブを立ち上げる事になりました。皆さんの入会をお待ちしています。