富士五湖ツーリング

2016/6/25(土曜)に富士五湖ツーリングを開催。

富士五湖(ふじごこ)は、山梨県側の富士山麓に位置する5つの湖の総称。下記の5つの湖をさす。

  • 本栖湖(富士河口湖町、身延町)(もとすこ)
  • 精進湖(富士河口湖町)(しょうじこ)
  • 西湖(富士河口湖町)(さいこ)
  • 河口湖(富士河口湖町)(かわぐちこ)
  • 山中湖(山中湖村)(やまなかこ)

いずれも富士山の噴火による堰止湖で、富士箱根伊豆国立公園に指定されている。2011年(平成23年)9月21日に富士五湖の名称で5湖とも国の名勝に指定され、2013年6月22日には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部として五湖すべてが世界文化遺産(日本の文化遺産としては13箇所目)に登録された。

いつもの東名高速「海老名SA駐車場」で待ち合わせ。少し遅い時間の10:00に待ち合わせし、メンバー合流後に出発。まずは昼食を取る為、富士宮市に向かい本場の「富士宮やきそば」を求めて移動する。

お好み食堂 伊東

P_20160626_122327

P_20160626_125834

このお店は富士宮やきそばでは有名な店らしく、評価も高い。せっかく来たので全員「大盛り」を注文する。ただ・・自分の感覚ではかなり普通。富士宮やきそば感があまり感じられなかった。美味しいのだが、、普通。昼食を終えたので、今回メインの富士五湖を順番に行く事にする。

本栖湖 (もとすこ)

IMG_2869

まず一つ目の「本栖湖」に到着。富士宮市から139号線を走ったが、景色も良く走りやすい。途中パラグライダーなどあり、結構遊べる箇所が多そう。

精進湖 (しょうじこ)

IMG_2882

次に2つめの「精進湖」へ。こいつがこのツーリングをおかしくした原因だ。1つめの本栖湖に行った際に偶然看板(石碑っぽい)前に到着したので写真を撮り、せっかくなので5つ全部写真に収めようと思った矢先にこの精進湖の看板がなかった。

特に気にしなかったが、次の西湖に行った際に、本栖湖と同じ看板が・・・

精進湖まで距離が離れていなく、この湖はかなり小さいので簡単に探せると思い、西湖から引き戻ってまたこの湖へ。しかしどこを探してもない。何周かまわってもない。途中聞き込みをするがわからない。

そこでメンバーの一人がスマホで画像検索すると言う、機転の利いた作戦に。写真をみて、それらしい箇所をひとつずつ、ゆっくり走りながら探索。インカム通話をしながら、エリアを分担しながらの捜索。ようやく見つけたが、かなりわかりにくい場所に。

ここでかなり時間がかかり、鳴沢氷穴(氷結のつららがあるらしい)を途中で行く予定をしていたが、何故か全員へんなスイッチが入り、この謎の看板をコンプリートしないと気が済まなくなった。当初予定していたツーリング内容から大幅に変更。こうなったらやるしかないで。

西湖 (さいこ)

IMG_2876

3つめの「西湖」。順番的に2つめに見つけた看板。これがあったので意地でも2番目の「精進湖」の看板を探す事に発展する。ちなみに他の湖もこの看板から後ろの方向に富士山が見えるらしい。

河口湖 (かわぐちこ)

IMG_2885

4つめの「河口湖」。今までの3つの湖よりはるかにデカい。この看板を見つけるのに、また時間がかかった。途中でガソリンがないので少し離れた所へ行き、ガソリンを給油してから、また河口湖へ戻り、謎の看板探しへ。この時点で全員バテはじめと同時にようやく見つけた時にやっと休憩タイムが。看板を見つけた時は17:00。あっと言う間にこの時間。しかし最後の強敵が待っている。そうラスボスの「山中湖」が。

山中湖 (やまなかこ)

IMG_2886

5つめの「山中湖」へ。ここには今までのような看板がない。ネット検索すると他の4つの湖を管理する自治体が山中湖だけ違うらしいので、同様の看板がない。世界遺産に含まれる富士五湖であれば、管理が違えど看板ぐらい統一しといてほしかった。この時点でクタクタになったがメンバー全員なぜか、このくだらない内容が面白かったと言う。当クラブを表現するにはちょうどいい内容だ。こういうのも当クラブのツーリングの楽しさでもあるかも知れない。

IMG_2891

IMG_2905

そしてもうひとつ。セカンドバイクが前日納品されたので、慣らし運転での参加。現在所有のバイクと真逆のバイクを選択したが、GSR750からSR400を乗ると、この振動がかなりキツい。特に高速で時速100kmにもなるとGSRでは余裕だが、SRでは半端ない振動が全身を襲う。大丈夫かこのバイクと思ったが、何故かツーリング後半はこの振動が心地よくなってくる。特にギア4速で時速60~80kmぐらいがちょうどいいフィーリングを感じる。これが長年愛されている名車SRなのか。※モデル:SR400 60th Anniversary

その後いつもどおり渋滞しているので、それを避けるため御殿場で夕食をとり、のんびり走って海老名SA駐車場に着き、ここで解散する。海老名SAに到着した頃には、オレはSRの「振動の向こう側」に到達し悟りが開けた。バイクってやっぱり面白いな。

走行距離:360km

お好み食堂 伊東
http://tabelog.com/shizuoka/A2204/A220401/22002448/